西野小学校の概要 本文へジャンプ
ロケットが
見える
西野小学校

 校区は,種子島の最南端に位置し,東,西,南の三方を海に囲まれ,東西およそ4km,南北およそ10km,総面積およそ2,000haで,南種子町随一の広さを誇る校区である。また,校区の最南端の門倉岬は,景勝と鉄砲伝来の地として有名である。
 産業面での主産物は,さとうきびや甘藷,肉用牛,米,茶などである。大型機械の導入による大規模農家も多い地域である。
 西野小は、完全複式の3学級と特別支援学級2学級の5学級編成の小規模校である。児童数は,昭和40年前後をピークに減少しており,本年度の全校児童数は29人(5月1日現在)である。平成15年度からスタートした宇宙留学生やIターン者の増加によって,学校に新しい風が吹き,校区並びに学校の活性化につながっている。

学校教育目標
笑顔がいっぱいの西野っの育成

校    訓
 やさしく <鍛える> やさしく <磨く> たくましく <挑む

めざす子ども像
○ 学び合い、自分の考えや思いを表現できる子
○ 自分や友達を大切にする子
〇 大きな声であいさつや返事ができる子
○ 元気・根気・やる気のあふれる子

めざす学校像
〇 子どもが生き生きと楽しく学ぶ学校
○ 子どもが夢と希望をもち、自らの成長を実感する学校
○ 保護者・地域ともろともに歩む学校

めざす教師像
〇 子どものよさを認め、子どもの思いや成長を大切にする教師
○ 専門職として学び続ける教師
○ 家庭や地域とのつながりを大切にする教師

スケジュール